世界一の美女になる糖質制限ダイエットブログ

ゆるすぎ糖質制限ダイエットでモデル体型を目指すズボラ女子のブログ。体重・体脂肪率・食事記録をほぼ毎日公開中。

*

生理前の過食に悩む女子必見!その原因は「機能性低血糖」だった!【糖質制限9日目】

      2015/09/25


9a01a4352eddb8039b9d77412ed171d9_s

こんにちは、糖質制限ダイエッターのayakaです♪

今日は糖質制限+一日一食3日目!・・・のはずが、実は朝から過食してしまいました( ;´Д`)

 

言い訳させてもらえるなら、今日生理が来ました\(^o^)/

予定より1週間も早く来ちゃったので、原因はやっぱり最近毎日豆乳を飲んでたからだと思うんですよね〜。

[関連記事]
豆乳は体に悪いって知ってた?今日からアーモンドミルクでふわふわ美肌に♡【糖質制限7日目】

 

今日は、女子ダイエッターの宿敵「生理前の食欲」に打ち勝つべき、その原因と対処法について考えてみました。

 

スポンサーリンク

 

生理前の過食を引き起こす「機能性低血糖」とは?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-DI_IMG_5697-thumb-1000xauto-17805

せっかく毎日頑張って食事制限して、運動もしてたのに、生理前の過食で昨日までの努力が水の泡!!!

こんな経験をしたことのある女子、けっこう多いんじゃないでしょうか。

食べちゃいけないってわかってるのに、食欲をコントロールできないのは本当に辛いですよね。

 

生理前の過食の原因は、ホルモンバランスの崩れ、ストレス、炭水化物の摂りすぎなど様々な要因が重なって起きていることが多いですが、あまり知られていない原因のひとつに「機能性低血糖」があります。

生理前になると、女性ホルモンの影響で血糖値を下げるインスリンの働きが鈍くなります。

食後に血糖値が上がると、生理前はいつもより大量のインスリンを分泌しないと血糖値が下がりません。

その結果インスリンを過剰分泌してしまい、低血糖状態となります。これが生理前に起きる機能性低血糖です。

 

低血糖状態になると今度は血糖値を上げるために、甘いものが食べたくなったり、異常な食欲が湧いて過食してしまうのです。

 

スポンサーリンク

糖質制限+食事回数を増やして、血糖値を安定させよう

953840a14bd0bb97cf8906036c00f01a_s

糖質制限をすると血糖値が大きく変動しないため、糖質を大量に摂取していたときのような抑えられないほどの異常な食欲はなくなります。

生理前の過食に悩まされている人は、意識的に糖質を控えるようにしてみてください。

しかしここで落とし穴!

糖質制限をしていても、私のように一日一食にすると血糖値の変動が大きくなってしまうため(糖質を摂取したときほど激しい変動ではないですが)、過食衝動が起こりやすいです。

私が糖質制限をしていたにも関わらず、異常な食欲に襲われて過食してしまったのは、一日一食にしたことが原因だと考えられます。

糖質制限+一日一食は、過食しないためにも、生理前はやめておいた方がいいですね。(そんな荒技する人、他にいないかもしれないですが・・・)

 

生理前の過食を防ぐためには、糖質制限+食事回数を増やすことで、血糖値の変動を最小限に抑えることが大切です!

 

とここまで書きましたが、私は食事回数を増やすとどうしてもカロリーを摂り過ぎてしまい体重が減らないので、気を取り直して明日からまた糖質制限+一日一食にチャレンジしたいと思います。笑

本日の体重・体脂肪率

172cm/60.9kg/31.4%/BMI20.6

本日の食事

・アーモンドミルク(パルスイート0+チアシード)
・無調整豆乳(パルスイート0+チアシード)
・ゼロカロリーわらびもち
・ゼロカロリーくずもち
・アボカド(和風ドレッシング+紅生姜+海苔)
・さけるチーズ
・チーズ×4
・QBBチーズデザート
・ウインナー2本(マスタード)
・具沢山トマトスープ
・チップスター5枚
・ナボナ
・さくらんぼ
・黒ごまクッキー
・アスパラビスケット
・ブロッコリー(胡麻ドレッシング+生ハム)
・アイス

(一日中食べ続けていたので、三食に分けられませんでした。笑)

いやあ、ダイエットは一筋縄ではいきませんね。明日からまた頑張ります!

 

スポンサーリンク

 - 毎日の食事記録,